ゲイ出会い系は大手がおすすめ

ゲイ出会い系は何か問題があっても堂々と訴えにくいため、詐欺アプリや掲示板も多く存在します。 そのため、利用するならなるべく古くから運営している大手出会い系サイトのゲイ掲示板がおすすめです。(18歳未満は利用できません)

ハッピーメール
20年以上運営を続けている出会い系サイトの老舗。

PCMAX
スマホアプリをいち早く導入したため、比較的若い人が多い出会い系サイト。

俺の童貞卒業兼アナル処女喪失した初体験H

俺の初体験は、高校入学前の春休み。
しかも、相手は中学時代から女好きで知られてる亜樹とだった・・・

2人で遊んでる時、ふとした事から・・・

亜樹から「達也ってどうやって抜いてるの?週何回?」と聞かれた。

昔の俺はメチャ恥ずかしがりやで、みんなとのHな会話とかに参加出来なかったんです、興味はあったのに。

かたや、亜樹は誰とでもしょっちゅうHな話をしてる人でした。

初体験も中1の時済ませてるみたいです。

よく「昨日は何発やった!」とか言ってました。

そんな亜樹に実は俺は憧れてたんです。よくおかずにさせてもらってました。

でも、さすがに本人の前でいきなり「亜樹の事を想像しながらだよ・・・」とは言えず、
つい「それって何?やったこと無い」なんて嘘をついてしまいました。

でも亜樹は、当時の俺の性格ならばホントにやったこと無いんだろうな・・・
とでも思ったらしく、

「ホントかよ?夢精はしたことあるよな?チンポが気持ちよかったろ?」
と言いました。

俺は顔を赤くして小さく頷きました。

「じゃぁ達也のために今日俺が教えてやるよ!自分で気持ちよく出来るんだぜ!」
と言ってくれました。

俺は
「マジで?亜樹に教えてもらえるの?やった!」
なんて心の中でガッツポーズをしてました。

そして、亜樹の家に行ってHな本やビデオを見せてもらいました。

亜樹は
「どうだよ?興奮するだろ?チンポがムラムラしてこないか?」
などと色々俺に聞いてきました。

何気な~く亜樹も自分のチンポをズボン越しにいじりながら・・・

もちろん、俺は興奮してました。

でも、それは本とかの影響ではなく、亜樹の部屋に2人で一緒に居る、しかも亜樹がオナニーしてるのを見れるだけで・・・

そこで俺は
「すげぇ、初めて見たよ!うわ!顔に掛けてる!気持ちよさそう~」
などとおもむろにまた嘘をついてしまいました。

すると、亜樹が何と
「じゃぁパンツ脱げよ、俺が気持ちよくしてやるよ!」
なんて言ったのです!

亜樹が直接教えてくれるなんて俺に取っては願ったり叶ったりだったのですが、そこでさらに欲を出して小声で、
「俺だけ脱ぐの?恥ずかしいよ・・・亜樹も一緒に脱いでよ」
と、言ってみました。

すると、亜樹は、
「しょうがねぇなぁ、まぁ俺も久しぶりにしたいからいいか」
と言って全裸になりました。

チンポだけならともかく上半身も見れるなんて!俺は興奮して我慢汁が出まくりでした。

亜樹はずっと野球をやっていてかなりいい体してたんです!その鍛えられた体が今目の前にある・・・

亜樹は俺のチンポを扱き始めました。

そして
「何だよ、いいもの持ってるじゃん!しかもこんなに我慢汁出てるじゃねぇか、達也も結構Hだったんだな?」
と言いました。

さらに
「男なんだからHなの隠さなくていいんだぜ」
とも言ってくれました。

でも、そこで男の体の方が興味があるとはまだ言えませんでした。

この後のとある行為が始まるまでは・・・

「ああぁぁ、気持ちいいぃ~~」

俺は感じまくってました。亜樹の扱き方が上手いのです。

すると亜樹は
「そうか、じゃぁ特別にもっと気持ちよくしてやる!」
と言って、いきなり俺のチンポをしゃぶって来ました!

「ちょっ、何するの?あ、あぁ~」

俺の興奮は頂点に達しそうでした。

だって、女好きの亜樹がまさか俺のチンポをしゃぶってくるとは・・・

少しして・・・
「俺実はさぁ、女よりも男の方が好きなんだ。達也の事も前から気になってたんだよね、だからどういう風なHとかしてるか興味あったんだ」
と、言いました。

これは夢か?なんて思っちゃいました。

さらに、
「でも達也ってHとか興味なさそうだったからなかなか聞けなかった、今日2人きりになれてよかったよ」
と言ってしゃぶるのを止めました。

亜樹は、
「なぁ、達也は男の俺じゃイヤか?変な奴だと思ってる??」
と聞いてきました。

俺は今しかない!と思い、
「実は俺も今までずっと気になってた、だからこうして亜樹にHを教えてもらえるなんて夢みたいだよ」
と言いました。

すると亜樹は微笑んで、
「じゃぁ今度は俺のもしゃぶってくれるよな?」
と言いました。

俺は何も言わず亜樹の勃起してるチンポにむしゃぶりつきました。

グチュグチュといやらしい音を立てながら・・・我慢汁がちょっとしょっぱくておいしかったです。

亜樹「な、あ、あぁ、達也上手いじゃん、気持ちいいよ、あ、あん・・・」

しばらくして亜樹が「もっと気持ちいい事教えてやる」と言い、一度Hを止めてローションを持ってきました。

俺を寝かして、そのローションをいきなり俺のケツに塗り始め指を入れて来ました。

俺「あ、あ、あっ、ちょっ、そこはケツだよ?・・・」といいながらも、俺はとても感じてしまいました。

亜樹「う~ん?アナルセックスって気持ちいいんだぞ!気持ちいいだろ?もっとしてほしいか??」

俺「あ・・・・・、あん、うん、もっと、もっと入れて・・・」

すると、亜樹の指は2本、3本と増えていきました。

最初は痛かったけど、すこしづつ慣れてきて・・・

亜樹「そろそろだな」と言って、亜樹のチンポが俺のアナルに入って来ました。

亜樹はガタイがいいだけでなく、チンポもデカイので最初はちょっと痛かったです。

でも、それが段々快感に変わってきてトコロテンしそうでした。

亜樹は「ズコッ、ズコッ、ズコッ」と音を立てながら容赦なく俺のアナルを犯してきました。

しばらくして、
「やべっ、そろそろイキそう・・・・・なぁ達也、さっきのビデオみたく顔に出していいか?」
と聞いてきました。

俺は迷わず
「あ、あん、あっ・・出して・・亜樹のを思い切り掛けて・・」
と悶えながらつぶやきました。

その数秒後、亜樹が「あ~、あ~、イク、イクぞっ!おぉ~~!」と言って、チンポを俺のアナルから抜きました。

そして、俺の顔の目の前にチンポを持ってきて扱くと、ビクンビクンと体を小刻みに揺らして・・・

「ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ、ドバッ、ドロッ・・・」

亜樹はかなり大量に射精し、俺の顔は亜樹の精子まみれになりました。

感じてて口を開けたままだったので、口の中にも射精されました。俺は思わず飲んでしまいました。

亜樹の精子は、ちょっとしょっぱくてとても美味しかったです。

その後、俺はイッたばかりの亜樹のチンポにもう一度しゃぶりつきました。

まだまだ精子が流れてくる感じでした。もちろん、それも全部飲み干しました。

亜樹は
「2週間ぐらいやってなかったからな、一杯出たべ?しかもすげぇ気持ちよかった」
と言いました。

俺も亜樹に顔射や口内射精してもらって最高でした。

さらに、
「じゃぁ次は達也を最高潮にしてやるよ!」
と言って、俺のチンポに亜樹が再びしゃぶりつきました。

顔中精子まみれのまま(笑)・・・・・

亜樹は俺のチンポを激しくしゃぶり続けました。

一体どこで覚えたんだろう?って思うぐらい上手かったです。

俺は感じまくってもうイキそうでした。

でも、亜樹が「まだイクなよ、今度は俺のケツに入れてくれ」と言いました。

俺は、さっき亜樹がやってくれたのと同じようにローションを塗って指を入れ始めました。

少しすると、亜樹のアナルは簡単に指3本ぐらい入るぐらい緩んできました。

そして、俺はとうとう憧れの亜樹のアナルにチンポを入れました。

入れた瞬間、グッと締まってきてとても気持ちよかったです。

すると亜樹が
「はぁ、はぁ、達也のチンポいいよ、すげぇいいよ、もっと腰振って」
そう言われて、俺は激しく腰を振り続けました。

初めて感じる気持ちよさに俺のチンポは耐え切れず、5分もしないうちに、
「あ、あぁ~・・亜樹・・何か体が気持ちよくなってきた、ヤバイよ・・・」
と言いました。

すると、亜樹は俺の体をギュッと抱きしめ、
「あ、あ、そのまま出していいよ、俺の中に出してくれ」
と言いました。

その数秒後、
「あぁ~、あぁ~、ヤバイ、気持ちいいぃ~~!!」

体がビクン、ビクンとなって俺は亜樹のアナルの中に射精しました。

その時の気持ちよさは、今までに感じた事がないほど最上級の物でした。

亜樹は「入れて」と言って口を開けました。

射精したばかりの俺のチンポをきれいに舐めてくれました。その時もとても気持ちよかったです。

亜樹が「これで達也も大人になったな~」と言って起き上がると、アナルからさっき射精した俺の精子が流れて出てきました。

亜樹はそれを拭きながら、
「なぁ達也、もっとイケるよな?まだまだうずうずしてるよな?」
と聞いてきました。

そう言ってる亜樹のチンポはすでにビンビンでした、さっき射精したばかりなのに・・・

さらに
「久しぶりのHだし、達也の体の味を知っちゃったから今日はもう我慢できねぇよ」
と言いました。

俺ももっと亜樹とやりたい!一緒に居たい!と内心思っていたのですが、外は少し暗くなって来ていて、
「でももうすぐ夜だし、亜樹の親とか帰ってきたらまずくない?」
と気持ちとは裏腹な事を言ってしまいました。

すると、亜樹はニコッと微笑んで
「何で今日達也を誘ったと思う?」

「実は明日の午後まで旅行行ってて帰って来ないんだよね~」
と言いました。

「だから達也が俺の事を受け入れてくれたら朝までやりまくりたかったんだ、ダメだったらひたすらオナニーしてたかも(笑)」
とまで言いました。

俺は、それまでの恥ずかしがりやだった表の性格が何処へやら、亜樹に影響されてついつい本性が出てしまい、
「マジで?俺ももっとしたい!亜樹のチンポもっと欲しい!」
なんて言ってしまいました。
亜樹は
「あれ?達也、実はそんな性格だったの?とうとう本性出したな、この!」
と言って俺に抱きついてきました。

改めて触れた亜樹の胸板は、すごいごつくて気持ちよかったです。

さらに
「でもそんな達也が俺は好きだよ、男が好きでも女が好きでもHな事を恥ずかしがっちゃいけねぇよ」
と言いました。

そんな事をさらっという亜樹が、俺にはさらにかっこよく見えました。

そんな事を話してるうちに、俺のチンポもまた勃起して我慢汁が出始めました。

すると亜樹が、「じゃぁ今度はこれだ」と言ってガムテープを持ってきました。

俺はベットに寝かされ、手と足をガムテープで固定されました。さらに、目隠しもされました。

亜樹は「これならもっと感じるぞぉ」と言ってチンポの裏筋から舐め始めました。

俺は「ん、ん、あ、あぁ、何だこの感じ・・・」とまた感じた事のない気持ちよさを味わいました。

「どういう事をされるか見えないのってさ、実はすげぇ感じない?」と言いました。

さらに亜樹は
「俺も先輩にやってもらってすげぇ気持ちよかったからさ、達也にも教えてあげようと思ったんだ」

そうか、亜樹は先輩に教えてもらったのか・・・一体どんな人なんだろう・・・と、色々な想像を膨らませながら悶えてました。

そのまましゃぶられ続け、俺はさっきイッたばかりなのに感じまくってました。

すると亜樹が手を止めて、
「達也ちょっと待って、もっと楽しくなるぞ!」
と言いました。

何のことか俺には?だったのですが、しばらくするとまたしゃぶってきたので俺は普通に感じてました。

ところが!、俺の口にチンポが寄ってきました。それもさっきとは何か違うような・・・

俺は本能のままにしゃぶろうとすると、何と向こうから強引に入れてきました。

俺はいきなり入れられてちょっとむせてしまいましたが、美味しかったのでそのまま舐めてました。

すると、どうやら俺の上で腰を振り始めたようで、チンポが勝手に動き出しました。

「達也、どうだ?気持ちいい?」
と亜樹が聞いてきたので、俺はコクンと頷きました。

亜樹が上に居るのか、これが69ってやつなのか?と、思っていたのもつかの間、何と俺のアナルにさらにチンポが入ってきました。

ローションを塗り、指を少し入れてならしたかと思うと、ぶっといチンポがこれまた強引に入ってきました。

俺は思わず「う、うぅ~、」とうめき声のような声を出してしまいました。

でも、それもすぐ気持ちよさに変わってきたのです。

その時は興奮してて訳がわからなかったのですが、実は4Pになっていたのでした。

亜樹が色々教えてもらったという先輩達がいつの間にか来ていたのです。

さっき「達也に受け入れられなかったらオナニーし続けてたかも」と言ってたのは嘘で、実は亜樹は先輩達と久しぶりにやるつもりだったのです。

でも、俺とのこういう流れになったのでついでだから「達也にも教えてやって下さい!」と頼んでいたようで・・・

俺は視界が無い上にチンポも乳首も攻められ、上の口も下の口も攻められるという何とも理想的な?快感を味わい続けてました。

それからしばらくすると、上に乗って腰を振ってる英樹先輩が、
「あぁ~、いくぞぉ~~、出すぞぉ~、うぉ~~!!」
と言って俺に顔射しました。

重たい精液がビタビタと俺の顔に掛かりました。俺はすげぇ興奮してしまいました。

そして、再び口に入れてきました。まだ精子が流れてきてました。

英樹先輩が「きれいにしてくれよ」というので俺は吸い尽くしました。

すると、今度はさっきまでアナルに入れていた恭之先輩のチンポが俺の口に入ってきました。

そして、亜樹がアナルに入れてきました。いわゆる回されてる状態ですね(笑)

恭之先輩のチンポは太くて長かったのでしゃぶるのが大変でした。

それほど体は大きくないのですが、高校のときですでにチンポは20センチぐらいはあったでしょう。

5分ぐらい腰を振り続けると恭之先輩が、
「あ、あ、あぁ~~、イきそ・・・あん・・・」
と言ってまた俺に顔射しました。

恭之先輩も1週間ぐらいやってなかったらしく、ものすごい大量の精子を放出しました。

俺の顔は精子まみれのベトベトになってしまいました(笑)

さらにその直後亜樹が、
「やべぇ~、イク、イク、達也イクぞ!!」
と言って同じように顔射しました。

2回目なのに驚くほどたくさん亜樹は出しました。

そのほとんどが口に入ってきたので飲み干すのが大変でした。

それから少しして、英樹先輩が拘束されたままの俺のチンポにしゃぶりついてきました。

俺は連続で顔射されて興奮のピークに達していて、3分もしないうちに
「あ、あん、あぁ~、出る、出ちゃうよ~~」
と声を漏らしました。

すると、英樹先輩は手扱きに変えて、
「出せ~、イっちゃっていいぞ!」
と言いました。

次の瞬間、俺は「あ・・・あ・・・はぁ~ん」と言って、腰をびくつかせながら大量に発射しました。

何と、自分の精子が顔のすぐ下まで飛んできました。

「すげぇ~、相当溜まってるんじゃねぇ?こりゃ~今日は出し尽くすぐらいやらねぇとな!」
と、恭之先輩が俺の精子を体中にのばしながら言いました。

ちなみにその時、顔はカピカピに乾いてきてました(笑)

これが俺の童貞卒業兼アナル処女喪失した初体験Hです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ