ゲイ出会い系は大手がおすすめ

ゲイ出会い系は何か問題があっても堂々と訴えにくいため、詐欺アプリや掲示板も多く存在します。 そのため、利用するならなるべく古くから運営している大手出会い系サイトのゲイ掲示板がおすすめです。(18歳未満は利用できません)

ハッピーメール
20年以上運営を続けている出会い系サイトの老舗。

PCMAX
スマホアプリをいち早く導入したため、比較的若い人が多い出会い系サイト。

部室で先輩に犯されて・・・

はじめまして。
俺は24のリーマンです。
俺の高校時代の経験を書きます。
俺は、中学から大学まで一貫している学校に通ってました。
中学の時から大学卒業までサッカー部に所属してました。
これは、俺が高校の時の話です。
高1の夏休み、いつものように練習が終わって部室で着替えをしてました。
俺の学校では、高1が道具の片付けをして高3の先輩は先に着替えて帰っていきます。
いつものように、俺も部活の友達とワイワイいいながら着替えてました。
そしたら、高3のK先輩が入ってきて、ボールの手入れが悪いと言ってきました。
その日、ボールを片付けたのは、俺だったので、ヤバいと思いながら先輩に謝りました。
手入れのやり直しを命じられたので、俺は仕方なくもう一度道具庫に行って、手入れをすることにしました。
他の友達は先に帰っていったので、俺一人で片付けました。
1時間くらい丁寧に手入れしたあと、部室に戻りました。
部室に戻るとK先輩がいて、俺はビックリしました。
K先輩は、魔裟斗似のイケメンです。
175*70くらいあって、いつも筋トレしてるから相当マッチョです。
俺も玉鉄っぽいと言われるんで、見た目は悪くない方です。
部室に戻ると、そのK先輩が筋トレしてました。
いつもはこんな時間までいることないので、不思議に思いましたが先輩に「お疲れっす!」と挨拶して帰ろうと思いました。
すると、K先輩が「お前ももっと、鍛えてガタイ大きくしないと体当たりのプレーできないぞ!」と言ってきました。
俺は疲れて帰りたかったんですが、先輩の命令は絶対なので、「うっす!俺も筋トレして帰ります!」と言って、着替えずに筋トレをすることにしました。
「ベンチやりたいんで・・・」と言うとK先輩は「おぅ!手伝ってやるよ!」と言って、ベンチのシートの横に立ちました。
K先輩は上半身裸で、体は汗で光っていて部室内で見るとめちゃくちゃエロく見えました。
ベンチのシートに横になると、ちょうど先輩の股間が目線の先にきます。
俺は、興奮してしまい、チンポが立ってしまいました。
K先輩にばれると恥ずかしいので、必死でベンチをがんばってたんですが、力むとドンドン立ってきて、とうとう先輩にばれてしまいました。
「お前、なんで立ってるねん?何想像してるんや?」俺は恥ずかしくて、「いや・・・ベンチで力入れたらつい・・・」と意味不明な返事をしてしまいました。
すると、K先輩が、「しゅんの見てたら、俺も立ってきたわ」と言って、俺に股間を見せてきました。
K先輩の股間は、ユニフォームの上からでもしっかり分かるくらいのデカさです。
俺は、「先輩すごいっすね。」というと、先輩は「俺の触ってみ」と言って、俺の手を先輩のチンポに持って行きました。
先輩のチンポはほんとデカくて、しかも硬かったです。
サイズも19cmくらいあって、俺はめちゃくちゃ興奮してしまいました。
俺が、K先輩のモノをしごきだすと、先輩はユニフォームを下ろし、サポーターだけになりました。
サポーターは先走りでヌレヌレになり、俺はそれをいじってました。
するとK先輩が「俺のを咥えろ!」と言ってきたので、俺は先輩のチンポを咥えました。
先輩のモノは本当にデカくて、喉の奥まで突き刺さり、すっごく苦しかったけど、必死で必死で舐めました。
先輩は、「気持ちいい~!もっとしゃぶれ!」と腰をガンガン振ってきました。
20分くらいしゃぶったところで、先輩は俺の口の中で一発イキました。
イッたあと先輩は、手のひらを出してきて、「ここに吐いてみろ!」と言ってきました。
俺はどうするのかと思いながら、俺の口の中の先輩の精子を、先輩の手に吐きました。
そうしたら、先輩は、その後吐いたものを俺のケツに塗り始めました。
「お前、かっこいいのに、淫乱だな。俺、お前みたいなやつ犯したかったんだよ。」と言って、俺のケツを掘り出しました。
最初、めちゃくちゃ痛かったので、悲鳴に近い声を出していたのですが、「うるさい!お前、これ咥えとけ!」と言って、さっきまで先輩がはいていたユニフォームを咥えさせられました。
K先輩は、野獣のように俺のケツを掘って俺は失神寸前でした。
ケツからは、さっき塗られた精子がドロドロになって流れ出し、先輩の汗と俺の汗でもうグチャグチャでした。
K先輩は結局、その後2発俺の中でイッて俺も最後にトコロテンしました。
「お前のケツサイコーだよ。
今度また使わせろよな!」と言って、シャワー室に行きました。
それから、俺は毎日先輩に掘られるようになりました。

K先輩に犯された日以来、俺は練習のあと部室で筋トレをするという名目で毎日残り、先輩の性処理道具になりました。
俺も、段々と男が感じる体になりK先輩とのSEXが止められなくなっていきました。
そんなある日、K先輩が同じクラスのバスケ部のH先輩とラグビー部のR先輩を連れてやってきました。
「おう!お前とのSEX最近マンネリしてるから、ダチ連れてきたぞ!」とK先輩がいいました。
K先輩は、H先輩とR先輩に「こいつ、ほんとにエロいんだよ!オスのSEXが病みつきになったみたいだから、使ってやってくれよ!」と言って、俺を紹介しました。
H先輩は、サッカーの中澤みたいなワイルド系で、R先輩はラガーマンだけあって、須藤元気っぽいマッチョです。
3人の先輩は、俺をベンチのシートに押し倒し、タオルで俺の両腕をベンチに縛りました。
俺はされるがままに脱がされ全裸にされました。
まずはK先輩が、ローションを俺のケツにたっぷりと塗りいきなり挿入。
その頃には、俺はもう痛くなくなっていたので、いきなり激しくピストンされました。
H先輩とR先輩は、「すげー!エロいなぁ!」と言って、自分たちも脱ぎ始め、俺の横に立ち、俺の口にチンポを押し込んできました。
H先輩のチンポは太くはなかったんですが、長さがK先輩のよりも長く、余裕でへそまで達してました。
R先輩のは、長さはそれほどでもなかったんですが、太さが異常に太く、しかも黒い!俺は興奮しきって、2本同時に舐めました。
3人の先輩に同時に犯され、K先輩は俺のケツで最初に2発、H先輩は俺の口の中に1発、R先輩は俺の口に1発と顔射で1発抜きました。
俺はドロドロになり、意識が朦朧としてましたが、精力が異常な先輩達がそれで終わるわけでもなく・・・その後、R先輩が「ラグ部の部室に色々道具あんぞ!そっちでやらねー?そっちだと、どれだけ汚しても平気だし!」と言い出しました。
3人の先輩は、「おぉ!ええな!移動しようぜ!ラグ部の部室なら、先生も見回りこないしな。」と言って、3人は、パンツだけはいて俺は、全裸のままで移動させられました。
外は暗かったので、全裸で歩かされても見られることもなかったんですが、ドキドキしました。
そのあと、ラグ部の部室で2ラウンド目に入りました。
ラグ部の部室プレハブ小屋は、サッカー部よりも広く、筋トレのマシーンも揃ってます。
俺は、部室の真ん中のコンクリートの床に座らされ、手首を縛られました。
そして、天井の梁に吊されて全裸で立った状態にされました。
3人の先輩も全裸になり、今度はまたK先輩がつばでケツを濡らし、そのまま挿入。
立ちマンの状態で、俺は、H先輩とR先輩のチンポをしごきました。
俺は掘られると、声が出てしまうので、「うるさい!」と言われ、その辺に落ちてたラグパンを口に埋め込まれました。
臭かったですが、俺はそれにも興奮して、2本のチンポを必死でしごきました。
H先輩とR先輩は、そのまま俺の体に精子をかけてイキました。
K先輩は、俺の中で3発目を終え、吊していたロープを外されました。
今度は、H先輩とR先輩に交互にケツを掘られ、K先輩のチンポが口に差し込まれました。
俺は狂いそうになりながらK先輩のモノをしゃぶりました。
そのうち、H先輩が「ここまで広がれば、二本挿しできるんじゃね?」と言い出すと、R先輩が、「いいね!挿そうぜ!こいつの淫乱な姿、興奮するぜ!」と言って、俺のケツに2本同時に入れてきました。
2本同時に挿しこまれたケツは、グチュグチュとエロい音をたててました。
俺は本当に意識が飛びそうになり、気がついた時はトコロテンをしてました。
H先輩が「こいつ、俺らにケツ犯されてイッテるぞ!ほんと変態だなぁ。
Kが変態の後輩がいるって言ってたけど、ここまでとはな、スゲーな!」と言ってきました。
結局、このあとH先輩が俺のケツに2発、R先輩が、ケツに一発と顔射で2発、K先輩は、俺の口に2発抜きました。
俺は、部室の真ん中で、先輩の汗と精液にまみれて、グチャグチャの状態のまま横になってました。
そうしたら、R先輩が「こいつどこまで変態なんだろうな?おもろいから、小便かけようぜ!処理道具掃除してやらないとな!」と言い出しました。
俺は、もうどうでもいいと思い、抵抗しませんでした。
結局先輩達は、俺を外に連れ出し、グランドの端で俺に向けて小便を掛けてきました。
臭い小便が俺の頭からかかり、俺はビシャビシャになりました。
K先輩は、「こいつ、完全に奴隷だな。
今度、もっと人数増やしてやろうぜ!俺、高2のやつらも連れてくるわ!お前等も連れてこいよ!しゅんも喜ぶだろうし!」といいながら、帰って行きました。
俺は、そのあと、犯された余韻に浸りながら、2発その場で抜いて帰りました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ