ゲイ出会い系は大手がおすすめ

ゲイ出会い系は何か問題があっても堂々と訴えにくいため、詐欺アプリや掲示板も多く存在します。 そのため、利用するならなるべく古くから運営している大手出会い系サイトのゲイ掲示板がおすすめです。(18歳未満は利用できません)

ハッピーメール
20年以上運営を続けている出会い系サイトの老舗。

PCMAX
スマホアプリをいち早く導入したため、比較的若い人が多い出会い系サイト。

やはり小学生の男の子が最高です

私は小学校の教員をしていますが美少年が大好きなショタコン専門のゲイです。

特に好きなのは、剥けチンじゃない包茎の男の子が大好物。

同性の方は「変態」って思うかもしれません。

でも大人の男性とは違う魅力。

汗の匂いやおしっこの匂い、そして思春期の男の子特有の苦いような甘いような、精子の匂いが混ざり合い、それを嗅ぎながら、少年の先に舌を這わせる。

今お付き合いしているのは、教え子ではなく、近所に住んでいる準君。

知ってます?今の子供って、4年生なのに精子が出るんです。

女の子の生理は3年生くらいから始ります。

想像つかないでしょ?今の子供は発育が早いんです。
準君とは1年半お付き合いをしています。

最初は子供会のスキー旅行で、準君の両親が行かなかったため、私と、私の父親が世話をしたのがきっかけでした。

母は小さい頃に離婚して私と父の父子家庭でした。

でも父を見て欲情した事は今まで一度もありません。

お泊まりは初めてと言う事で、バスの中でドキドキしていた準君ですが、スキー場に着くと、元気いっぱいに滑っていました。

私よりも上手で「滑り方教えてよ!」なんていうと「うん、じゃあ一緒にすべろ!」なんて無邪気な笑顔で私の手を取り、丁寧に滑り方をコーチしてくれました。

いっぱい汗をかいたので、ホテルに戻ると、私は温泉に入ってきました。

戻ってくると、さっきまで大はしゃぎで遊んでいた準君は、お風呂も入らずにぐっすり部屋で寝ていました。

部屋は父と私、そして準君の3人部屋でした。

夕食は大人数なので、宴会場でと言う事だったのですが、私は準君を1人に出来ないと言う事で、部屋に残る事にしました。

お父さんは浴衣に着替えると「じゃあ、夕飯はどこかで食べるか、買ってきなさい」と言い、5千円を私に手渡しました。

お父さんが部屋から出て行ってから5分くらい経ったでしょうか。

突然「ジュジュー」という音が聞こえてきたのです。

なんだろう?と思っていると準君が目覚めました。

時間は夜の6時半でした。

「あれ?どうしたの?起きたんだ」と私は声を掛けました。

でも準君は何もしゃべりません。

むしろソワソワしている感じでした。

私は「もしかして」と言い、準君の隣に座りました。
すると準君は「わーやめてー」と、少し小さい声で言うと、真っ赤な顔をしながら私の手を払いのけました。

私は何も言わずに、部屋のお風呂場からバスタオルを持ってくると、「さあ」と言い、布団をめくりました。

そう、準君はおねしょをしてしまったのです。

ただ、その時の私は、準君のおしっこが全然汚く感じなかったのです。

私は準君を立たせると、ズボンをタオルで拭いてあげました。

「着替えなくちゃね、洗うから脱いで」と言うと、準君は素直にズボンを降ろしました。

白いブリーフが黄色く染まっているのを見て、私は息を呑みました。

男同士の大人のお付き合いしてきた私が、今までにない興奮をしていたのです。

若い男の子のペニス。

一度で良いから頬張ってみたい。

気が付いた時、私の理性は消えていました。

ぐっしょり濡れたブリーフを脱がすと、準君のペニスに触れていました。

私の親指より、少し大きい準君のペニス。

小さく、上にぴょこんと可愛く跳ね上がっています。

もう私は準君の顔を見る事が出来ませんでした。

4年生の準君は何もわからないまま、ただ私の行為をされるがままになっていました。

上まで被った包皮をゆっくり剥いていきます。

ただ「真性包茎」ではないように見えるのですが、ずるっと剥けません。

「痛い?」と聞くと「わかんない。なにしてるの?」と不安そうな声で答えました。

私は「絶対内緒だからね、もし準君が気に入ったら、またしてあげるから」と言い、行為を続けました。

明るい室内で、準君のペニスが脈を打っているのが見えます。

もう1度手を触れると、先を指でつかみ、優しく剥いていきました。

「ニチャッ」と音を立てながら、包皮が下まで剥かれていきます。

そこは、普通の人なら目を覆いたくなる様な光景が広がっていました。

きっとその時同年代の彼のペニスだったら、思わず目を覆ったはずです。

黄色と白で濁ったべとべとの垢が、今にも滴り落ちそうなくらい皮の間に溜まっていたのです。

ツーンとした刺激臭が私を襲います。

でもそれが私には快感でした。

私の浴衣は愛液でぐっしょり濡れていて、足を伝い、畳に垂れるほどでした。

もし誰かが来たら、もうそんな事気にもならなかった。

目の前の光景が私を狂わせてしまったのです。

こんな事書き込みしながらも、思い出すと我慢汁が亀頭から出てパンツから濡れてしまいます。

我慢が出来なくなり、そのまま口いっぱいにペニスを頬張りました。

細くて堅いペニス。

垢の所に舌を絡め、ゆっくりと削ぎ落としていきます。

なんだろう?梅干しにレモン汁をしぼったような、それに苦みも足したような。

なのにどうしてこんなに美味しく感じれるのか、不思議で仕方がありませんでした。

普通だったら吐いてしまうはず。
少しずつ垢を削ぎ落とすと、

出てきた自分の唾液で飲み込みます。

喉を通る間がものすごく長く感じるほど、こってりと熱く、粘り気がありました。

その時です、準君のペニスの先から熱いものが吹き出して来たのです。

私はビックリしました。

でもペニスを口から離さなかった。

脈を打つ度に私の喉の奥に吹き出す準君の精液。

先ほどの苦い垢とは比べものにならないくらい、甘くて美味しい。
個人差はあるけど、精液の味、私は甘く感じます。

本物のヨーグルトのように、プルプルして固形のようになっているのが、合計7回ほど飛び出してきた。

昔見たエロビデオで、何人かの男の人のザーメンをグラスにいれて男性が飲むシーンがあったけど、準君は1人で5人分くらいの量が出ていたと思う。

お腹がいっぱいになるほど精液を飲み、準君の顔を見上げると、汗びっしょりになりながら、

私の顔をまじまじと見ていました。

それから1年半、回数は減ったけど、準君の精液を飲んでいます。

オナニーで準君のいくのをを待ち、中に注ぎ込んでもらったりしています。

変態だと思われても仕方がありません。

でもやはり小学生の男の子が最高です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ